2010年05月14日

<児童ポルノ禁止法>わいせつ画像投稿…容疑の20人逮捕(毎日新聞)

 男児のわいせつな画像を公開する携帯電話サイト掲示板に投稿したとして、警視庁少年育成課は13日、サイトを開設した香川県丸亀市の県立高校3年の少年(17)を児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑で書類送検し、投稿者の男女26人(15〜54歳)のうち、同容疑で20人を逮捕、6人を書類送検した。同一サイトの児童ポルノ摘発としては過去最大規模。同課は他14人の投稿者を特定しており、今後、摘発する方針。

 27人の逮捕、送検容疑は09年10月から今年2月にかけて男児のわいせつ画像約150枚を投稿し、不特定多数が閲覧できるようにしたとしている。27人の年代別では、10代が13人、20代が8人だった。10代のうち高校生が7人いた。

 開設者の少年は09年1月ごろ、多数の画像を入手するためサイトを始めた。利用者が画像5枚を投稿すればパスワードが付与され、掲示板にアクセスできる仕組みだった。少年は「興味のない人が閲覧して警察に通報する恐れがあるので、パスワード制にした」と供述しているという。

 少年のサイトは、警視庁が4月30日に削除要請した、アクセス数に応じて順位をつけてサイトを紹介するランキングサイト14のうち9サイトで上位だった。14のランキングサイトから誘導されるサイトに掲載されていた児童ポルノ画像1万4490点のうち、約1割の1324点が少年のサイトに収蔵されていた。【町田徳丈】

 ◇ネット掲示板、拡散を加速

 投稿サイトに掲載された画像は別の愛好者にネット上で容易にダウンロードされるため、児童ポルノの流通、拡散の場になっている。画像サイトへのアクセスを強制的に遮断する「ブロッキング」を巡っては対象サイトの範囲について議論になっているが、捜査幹部は「幅広くブロッキングされれば、投稿は止まり、児童ポルノのはんらんを防ぐことができる」と強調する。

 今回摘発された投稿者で、愛好者になったきっかけを「ネットで見て興味がわいたから」と供述したケースもあった。また、自身でわいせつな画像を撮影した容疑者はおらず、全員が別のサイトからダウンロードした画像を投稿していた。動機は「コレクションを自慢したかった」「性的欲求を発散させるため」などだった。日本ユニセフ協会は「愛好者はより珍しい画像を投稿して見せびらかすうちにエスカレートしていく」と指摘する。

【関連ニュース】
児童ポルノ:遮断へ、来月にも具体策 規制範囲が焦点に
児童ポルノ:「ランキングサイト」削除要請 警視庁
児童ポルノ:3少年は元被害者 報酬渡されグループに
児童ポルノ:男児専門サイトを摘発 主宰の男ら逮捕
男児ポルノ専門サイト摘発:3少年は元被害者 報酬渡されグループに

普天間問題 首相「徳之島」固執の根拠 防衛利用で覚書 返還時(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)
普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)
「地球を覆うほどの愛で」谷亮子氏が参院出馬、現役続行も表明(産経新聞)
posted by アシザワ トシユキ at 09:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

2010年04月29日

生活保護受給者の向精神薬処方で緊急調査(医療介護CBニュース)

 大阪市の生活保護受給者にうつ病などの病気を装わせ、向精神薬を大量に入手させて転売したとされる事件で、長妻昭厚生労働相は4月27日の閣議後の記者会見で、ほかの地域で類似したケースが無いかを把握するため緊急調査を実施する方針を示した。同一月内に複数の医療機関を受診した結果、向精神薬が過剰に処方されているケースがないか点検するよう、同日付で各都道府県などに通知し、5月末までに報告するよう要請。また、不適切な受療行動があれば、その後の改善状況を7月末までに報告するよう求めている。

 調査は、生活保護の医療扶助を受けている人のうち、精神科に通院している約4万人を対象に実施。各自治体の福祉事務所が対象者の今年1月分のレセプト(診療報酬明細書など)を抽出し、同一月に複数の医療機関で向精神薬が処方・調剤されていないかを点検する。処方・調剤されている場合は、主治医の訪問などで内容の適否を審査し、不適切な受療行動が確認されれば、被保護者に対する指導などを行う。


【関連記事】
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
「生活者視点の、信用できる厚労行政の実現を」−長妻厚労相
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割−看護師意識調査
生活保護受給者の入所、7割超が「未届け施設」―東京都調査
生保受給者を守れ!―通知事実上撤回の舞台裏

支払基金が基本理念を策定(医療介護CBニュース)
3人目の殺人立件は断念=捜査本部解散へ−鳥取連続不審死(時事通信)
高速新料金で前原氏が小沢氏を批判「二律背反だ」(産経新聞)
平城宮跡会場がオープン=遷都1300年祭−奈良(時事通信)
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)
posted by アシザワ トシユキ at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。