2010年04月29日

生活保護受給者の向精神薬処方で緊急調査(医療介護CBニュース)

 大阪市の生活保護受給者にうつ病などの病気を装わせ、向精神薬を大量に入手させて転売したとされる事件で、長妻昭厚生労働相は4月27日の閣議後の記者会見で、ほかの地域で類似したケースが無いかを把握するため緊急調査を実施する方針を示した。同一月内に複数の医療機関を受診した結果、向精神薬が過剰に処方されているケースがないか点検するよう、同日付で各都道府県などに通知し、5月末までに報告するよう要請。また、不適切な受療行動があれば、その後の改善状況を7月末までに報告するよう求めている。

 調査は、生活保護の医療扶助を受けている人のうち、精神科に通院している約4万人を対象に実施。各自治体の福祉事務所が対象者の今年1月分のレセプト(診療報酬明細書など)を抽出し、同一月に複数の医療機関で向精神薬が処方・調剤されていないかを点検する。処方・調剤されている場合は、主治医の訪問などで内容の適否を審査し、不適切な受療行動が確認されれば、被保護者に対する指導などを行う。


【関連記事】
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
「生活者視点の、信用できる厚労行政の実現を」−長妻厚労相
一般の精神疾患への「誤解は減ってない」が約4割−看護師意識調査
生活保護受給者の入所、7割超が「未届け施設」―東京都調査
生保受給者を守れ!―通知事実上撤回の舞台裏

支払基金が基本理念を策定(医療介護CBニュース)
3人目の殺人立件は断念=捜査本部解散へ−鳥取連続不審死(時事通信)
高速新料金で前原氏が小沢氏を批判「二律背反だ」(産経新聞)
平城宮跡会場がオープン=遷都1300年祭−奈良(時事通信)
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)
posted by アシザワ トシユキ at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。